斫り(はつり)工事  広島 山口 たけもと工務店 文字の大きさ 大 中 小
各種ハツリ・改補修工事業 有限会社 たけもと工務店 見積無料
トップページ仕事工事車両会社案内お問合わせ(メール)

契約形態・装備

[資料] 杭頭処理について

例@ 場所打ち杭 杭頭処理


場所打ちコンクリート杭の杭頭処理はつり。


場所打ち杭の杭頭はつりについては
「m3あたり」単価とされることも多いようですが、

せり矢破断や引抜、カッター目地・切付等、
1本ごとに発生する杭天レベルでの手間は
無視できないものであり、

杭径や本数・余盛高さが具体的に示されたものについては
より適正に算出する為に「本あたり」とさせていただいております。

(φ1000、H=1m時の基準額)×(杭径の増減率)×(余盛高さの増減率)=単価
例)「φ1200、H=1.7m」:基準額×1.2×1.7
※:但し、余盛H=0.5m未満の杭は「0.5m」として切り上げ計算。

なお、撤去方法によって減じられる手間は
これに割引率を掛けて算出します。

大割
「余盛コンクリートを丸ごと重機で引抜くもの。高さは加味しない。
但し、引抜荷重に見合った揚重重機※1が使用可能であること、
充分な余盛と主筋縁切材の適正設置 が必須条件※2となります」

中割(皮むき破断)
「余盛うち、かぶり部分は人力ではつり、
コアコンクリートのみを重機で引抜くもの。」

小割(斫り下ろし)
「余盛すべてを人力ではつる。
斫工1人に対し手元工1人(小運搬とは別)を必要とします」


[図:手法の違いで、手間も小割ガラ発生量も異なります]

※1:<参考>45(50)t級以上クレーンまたは0.7立米クラス以上ショベルなど。
但し、杭径がφ1500を超える場合、重機の位置関係にも左右されるため、
安全マージンとして、計画上は大割を採用しないものとお考え下さい

※2:余盛高さが直径を下回る場合も計画上は中割または小割程度とお考え下さい。



また、
杭種による割増・割引要素も加味しています。

【通常のもの】(基準)

[鉄筋がシングル配列のもの。]



【超剛接合のもの】(割増あり)

[鉄筋がダブル配列のもの。
 大割は現実的に採用しないと考えたほうがよい]



【鋼管コンクリート杭(鉄筋無)】(割引あり)

[場所打ち鋼管コンクリート杭。鉄筋が後溶接などのもの。
 鉄筋の支障なく斫れるほか、カッター目地を省略できる]



【鋼管コンクリート杭(鉄筋有)】(割引あり)

[場所打ち鋼管コンクリート杭。うち鉄筋があるもの。
 カッター目地の省略ぶんは減額できる]





例A 既製杭 杭頭カットオフ


高止まり既成杭※の杭頭処理うち、
コンプレッサー斫り工によるカットオフ。
(※:但し、中空コンクリートパイル。
鋼材共切断のダイヤモンドカッター方式を前提として。
鋼材を切除しない、はつり・油圧クラッシャー方式を除く)


中空既成杭のカットオフ単価については、
杭の径・規格別に項目分けし

「本あたり」、
(杭径×料金率)+(断面鋼材量×ロス率)=単価
で算出しています。
(中空部の掘削手間・切除杭頭の揚重小運搬は別途計上)

カットオフ自体の単価に、
高さによる要素は加味されませんが、
施工便宜上、数段に分けて切断する場合は、
これも本数として加算されます。

また、
杭径ばかりが積算根拠とされがちですが
施工量を大きく左右するものとして
「切断鋼材量の違い」といった要素があります。

最近のPHC杭には超多点プレストレストのものも多く、
弊社ではこうしたプレストレス量(PC鋼材の太さ・本数)や
杭種を可能な限り把握したうえで
適正な単価を算出しています。


以下、杭種による項目分けの例と
その断面鋼材量の違いを示します
※名称は代表的な杭種。類似の銘柄を含む

@【PHC杭】(「A種」等)

[PHC杭うち、PC鋼材の少ないもの]


A【PHC杭】(「B種」「C種」等)

[PHC杭うち、PC鋼材の多い(太い)もの]


B【PRC杭】

[PHC杭の派生。PC鋼材と異形棒鋼(または平鋼)により
補強されたもの。杭径によって増減する鋼材本数に加え
T〜Y種(例:D13〜D29など)と、鋼材の太さも規格に
よって異なるので、手間としては無視できない要素です]



C【SC杭】(但し既製杭)

[鋼管を外殻として補強されたもの。
鋼板の切断が作業の要となる。ガス溶断に問題があり、
ダイヤ・砥石切断する場合にはひと工夫を要する]



※切断位置やメーカー規格によっては
上記要素が複合的に絡む場合もあります。


[参考写真:PHC杭C種(PHC-C)の切断面。]


[参考写真2:PRC杭T種(CPRC-T)の切断面。
 PC鋼棒の隣に異形棒鋼D13、スパイラル鋼、
 さらにこの場合、補強鋼板部分も切断しているため、
 SC杭同様の手間も要素として加味されます]










TAKE MOre! TO creation. たけもと工務店
Copyright© 2007 たけもと工務店 All Rights Reserved.